グリーンスムージーと青汁って何が違うの?


グリーンスムージーと言われてもピンとこない。
なんだか青臭いものだから、
青汁みたいなものでしょ。

 

などというイメージをもたれる方がけっこういらっしゃるのではないでしょうか。

 

グリーンスムージーは青汁とちがい、苦い若葉とか、
ケールなどを無理やり飲もうというのではなく、
無理なく青いものも取り入れて、体のリズムを整えようという考え方から始まっていますから、
まずまずいものはアウト。
おいしくて続けやすいものを、毎日取るというのが、大事。

 

私の知っている某大手出版社の方は、グリーンスムージーを広めた人としても有名で、
毎日朝食がわりにグリーンスムージを飲んで、会社にでかけています。

 

毎日レシピを写真ごとアップしてくれますので、
正統派グリーンスムージーレシピを参考にしながら一日を始めることができます。

 

難しい組み合わせをしようと思えば、できるのでしょうが、
毎日の取り組みとして、何か青いもの。
例えばブロッコリーでも、葉物でも、
ともかく家に置いてあるもののなかから、選んで、
それをフルーツといっしょにミキサーにかけて、
少し暑い時期には氷なども混ぜると飲みやすくなります。

 

リンゴやバナナなど、飲みやすくするフルーツを必ず一つ入れるのがポイント。
これで青汁などと比べてぐっと飲みやすくなるのです。

 

グリーンスムージダイエットについて